2006年07月29日

燃えるお手入れ 爆弾 爆弾



パスワード 届きました!新しいお手入れの道具!



<新しいお手入れの道具>

0729本日の便.jpg




<つづき>


るんるん 今回の目玉はこちら!

<オールシステムのナンバーワンブラシ!>
道具だけは本格派のさるんばママです。
0729道具だけは本格は.jpg

サルンバをいつもトリミングしてくれるトリマーさんに相談したところ、サルンバにはスリッカーよりピンブラシの方が日常のお手入れに向いているとのことだったので、ピンブラシを早速購入したというわけなんです。



<それでも買ったスリッカーSSサイズ>
武蔵が右、今回買ったローレンスのSSスリッカーが左。
脇などはこまわりのきくSSサイズのスリッカーが便利かな?と思い購入。
0729スリッカー比較.jpg



? 「なぜお手入れが嫌いになったんだろう?」

? 「毛玉にしないためにはどうしたらいいのかな?」

? 「ブラッシングの時間をどう捻出するか?」

今までブラッシングの時間は毎朝15分しかありませんでした。犬(泣)

これでは足りるはずはありません。

夜帰宅しても酒を飲む時間はあってもブラッシングをする時間はなかった母。(どういう母親じゃ!)パンチ


そう考えてあみ出した(?)のがこちら! 爆弾


「お手入れステーション!」です。

今までなぜお手入れができなかったかというと、ブラッシングできるチャンスにブラシがすぐ手元になかったから!

そう思って、一番よく過ごす部屋にお手入れセットを置くことにしました。

思い立った時にすぐブラッシング!キッチンでお湯が沸くのを待っている間にブラッシング!



<お手入れステーションde書斎!>
0729お手入れステーションpC.jpg


<お手入れステーションdeリビング!>
お手入れステーション居間.jpg



早速、ピンブラシをさるんばに試してみました。

まずはルンバから!

<ルンバ、『何これ?』と驚き気味>

0729ルンバ何これ.jpg



<ルンバ、気に入ってくれたみたいです>

0729るんば気に入ってくれました.jpg



<ルンバ、ねむくなってきました>

0729ふわ.jpg



ルンバが気に入ってくれたところで次はサルサに試してみましょう!


<サルちゃん、ブラシを見てびっくり!>

0729何それ.jpg



<すぐにルンバに駆け寄っていきました。何か内緒ばなしをしているみたいです。>

0729内緒話.jpg



<サルサも気持ち良さそう>

0729ブラシで舌ぺろ.jpg



<きゃーくすぐったい!>

0729くすぐったい.jpg



<サルちゃんも気に入ってくれたみたいです>

さるちゃんうふ.jpg





皆様はどんなお手入れ道具をお使いですか?
スリッカー?ブラシ?コーム?
是非教えてください。


まうさんのお手入れレッスンにも大いに触発されました。ワンの皮膚の健康のためにお手入れをもっと真剣にやっていきたいと思っています。


「いつまで続くことか〜」←さるんばより


ニックネーム さるんばママ at 11:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『お手入れステーション』 グッドアイデアですね〜♪
ジジは、スリッカーもコームもピンブラシも全て嫌がります!毛玉を引っ張った時に痛かったのがインプットされてしまい、見るだけで拒否反応で、無理強いすると、勿論!噛まれます…。
だから、いつも持ち歩いたり、そこら辺に置いておいて、大丈夫そうな時を見計らって、騙し騙しお手入れしています。(笑)
美容師さんが腰に巻いている『道具セット入れ』(?)みたいなのを、私も着けたいな〜!って思ったり、
ジジをなでなでしている時に、今、この指先がコームやハサミやブラシに変わったらいいのになぁ〜!って思ったりします!
サルンバちゃんたちの気持ち良さそうなこのお顔、羨ましいです〜!

今日、小太郎君の所でも少し読ませていただいたんですけど、サルサちゃん、どうして訓練所に行かれたのか、前からお聞きしたいなと思っていたのです。
ジジは、そりゃあもう問題行動のオンパレードで、7ヶ月の頃、数ヶ月自宅出張トレーニングを受けたのです。
一番の問題は、噛むことでした。次女が顔を噛まれて病院に行った時は、もうダメか…と思ったくらいです。
ジジをアルファにしてしまったのは、飼い主の私達なんだけど、もともとのジジの性格もあったと思います。
トレーナーさん曰く『最もアルファになる素質のあるコが最も優しいご家庭に来ちゃったんですね』 ですって〜!(汗)
よかったら、サルサちゃんのこと、また教えてくださいね。
Posted by ジジママ at 2006年07月29日 15:46
<<<<< ジジママ様 >>>>>

ジジママ様もお手入れはコマメにされているんですね。常にお手入れ道具をそばにおいておいて、チャンスが来たらすぐにやるといいですよね。

本当、美容師さんみたいに腰にお手入れ道具をいつもさしておけたら便利ですよね。

なでなでしている時に「この手が今ブラシに変われば!」って私もいつも思ってました(爆笑!)。

ジジちゃんも訓練士さんの訓練を受けられたんですね。訓練士さん、どうやって探されたんですか?先生には数ヶ月間毎日きてもらったんですか?

うちのサルサが訓練所に行った理由はズバリ一つです。「外で歩けなかったから」です。

よくリードを「引っ張るのが問題行動」といわれますが、引っ張るんだったらいいと思います。前には進むわけですから。

サルサの場合は外に出ると地面にはいつくばって360度周り続けていました。散歩になりませんでした。自分で色々本を読んでできることは全てやってみましたが全く効果がありませんでした。

ほとんど何も教えずになんでもできてしまうルンバは「躾いらず」でした。「それに引き換えサルサは、、、」と正直比べてしまうところがありました。でもサルサは明るいし、その他では問題が全くないし、かけがえのない娘でしたので外で歩けなくてもいいや、と思っていました。

こんなサルサがいるとルンバが外に散歩に行けないので、サルサはカートに乗せて、片腕でサルサが乗ったカートをひいて、もう一方の手でルンバのリードを持って外に出るという日が長く続きました。

そのうち、サルサはせっかく健康な4本の足をもって生まれてきたのだから、自分の足で外を歩かせてやりたいと思うようになりました。

出張訓練をまず探しましたが、人見知りの激しいサルサは週に数回先生にきてもらっても、その先生に慣れうる前にレッスンの2時間が終わってしまうのでダメだと思い、委託訓練に出すことを決めました。それから週末は訓練所を見て回るという生活が何週間も続き、ジジママさまもご存知の訓練所に行き当たりました。

去年の7月23日に入学して、12月22日に卒業しました。

「頭が悪い」と思っていたサルサは教える人が教えるとどんどん吸収し、訓練士さんのコマンドに従っているサルサは自信に溢れていて顔が輝いていました。訓練士さんにも「すごく頭がいい!そして性格はもっといい」ととても褒めてもらって、正直「頭が悪い」とちょっとでも思った自分が恥ずかしくなりました。

長々と自分の話ばかり書いてしまいましたが、ジジママ様のお宅ではジジちゃんがお嬢様のお顔を噛んでしまったことがあったのですね。病院に行ったというのは結構強く噛まれてしまったんですね。

ジジママ様がその時にどんなに落ち込んだか、想像するだけで胸が痛くなります。

訓練の先生は今でも来ているんですか?自宅での訓練はどのような内容だったのでしょうか。もしよかったら教えてください。

でも結構仔犬のころってやんちゃですけど、大人になると落ち着いたりもしませんか?ジジちゃん、おもしろくてキュートな面ばかりを見ていたのですが、ジジママ様にそんな苦労があったのを知って今日はとても驚きました。貴重なお話ありがとうございました。
Posted by さるんばママ at 2006年07月29日 16:42
オオッ!!熱いですね〜。
これだけそろえたら、もうやるっきゃないですよ〜。
お酒飲んでるヒマなんかないってば←コレわたし。笑

サルンバちゃん。気持よさそうですネ。この表情を
見れば、さるんばママさんのお手入れテクが◎なんだ
と思いますよ〜。それに朝の15分で、これだけキレイ
を保っているなんて、スゴイです。
わたしもブラッシングタイムを決めていて、テレビの
後ろ。目の届く場所にお手入れセットを置いてます。
理想は、一日三回ですが、まづ不可能で、お散歩帰り
は特に汚れもついてしまいますね。

武蔵はMを買ってしまったので、脇の下やお顔まわり
が使いづらいのです。ssスリッカーどうですか?
ウチは、ブタ毛ブラシで汚れを落とし、マッサージ。
その後、ピンブラシで丁寧に(願望)とかし、
最後に縺れた部分だけスリッカーを使ってます。
コームはほとんど使いませんが、たまにツゲの櫛で。

先日の涙焼けお手入れ遍歴をお聞きして、ビックリ
しました。わたしも同じような歴史をたどりましたが
さるんばママさん。半端じゃないですね!!




Posted by キララまま at 2006年07月29日 16:53
<<<<<< キララまま様 >>>>>>

キララまま様も目の届く位置に「お手入れセット」を置いていらっしゃるんですね〜〜!!

ブタ毛のブラシでまず汚れを落としていらっしゃるんですね〜〜。ブタ毛のブラシ、実は私も買おうかと迷っています。でも1万円近くするんですよね〜〜〜。キャー!

ローレンスのSSのスリッカー、なかなか使い勝手がいいです。キララまま様には「お手入れテクが◎」なんておっしゃっていただいたんですが、私はどちらかというと不器用な方なので、大きいサイズのスリッカーを使うと余計な部分にスリッカーの針がささってしまうみたいでダメだったです。

その点、SSサイズはピンポイントでいくので、皮膚にはほとんど触らずに毛がとかせるようになりました。ローレンスのスリッカーはSサイズを以前から使っていて気に入っていたので今回SSサイズを買ってよかったな、と思っています。

武蔵も素晴らしいスリッカーだと思いました。あれでとかすとふわふわになりますよね。

涙焼けのお手入れって奥が深いですよね。

涙焼けが「致死」に至ることはないにせろ、やっぱり我が子たちは綺麗で健やかに毎日を暮らして欲しいと願っています。

私もキララまま様の涙やけとの戦いの歴史を伺ってうちと似ているな〜〜と思いました。

本当、お酒飲んでる場合じゃないですよねっ!(笑)やることは一杯です。

あ、そう言えば、今日、今年初めての枝豆を茹でました!

最初に私の分の枝豆を塩茹でして、次にサルンバの分を水だけで茹でました。お宝の枝豆、私と娘たちで半分こです!夏ですね〜〜!
Posted by さるんばママ at 2006年07月29日 21:35
サルちゃんのお話聞かせてくださって、ありがとうございました。そうだったんですね〜。歩けなかったんですか…。いつものサルサちゃんのお写真からは、こんなことがあったなんて、想像できませんでした。

人一倍人見知りの激しいサルサちゃんを、数ヶ月も預けるなんて、よく決心されましたね! サルちゃん、最初は、泣き叫んでいたのでは…??ママさんも、きっと、ご自宅で、居たたまれない思いや泣きたくなるような淋しさに襲われたのでは…??
想像するだけで、なんか涙が出てきそうです…。

でも、サルサちゃんのために、サルちゃんもママさんも頑張られたのですね!

私も、何ヶ月も悩んで、毎日ネットや本で調べまくり、できることは全部やってみました。でも、どうしてもダメで、手遅れにならない内にプロの手を借りたほうがいいと思ったのです。

トレーナーさんのこともいろいろ逡巡して、どういタイプがいいのか、調べました。
ジジの場合、問題はアルファだったので、飼い主との関係が問題な訳です。
だから、委託は根本的な解決にはならないと思い、出張もしくは飼い主も一緒に学ぶ教室がいいと判断しました。
逡巡していた時、獣医さんの勧めもあり、出張のトレーナーさんに来ていただくことになったのです。

2週間に1回(2時間)の割合で来ていただき、後は、出された課題を家族でこなすという形でした。
トレーニングは、ジジというより、私達が飼い主としてどう行動すべきかを学ぶというものでした。

3ヶ月ほど来て頂いたのですが、受験生だった次女の勉強が忙しくなってきたので、そこで一度オヤスミしていただきました。受験が終われば再開していただくつもりだったのですが、ジジもだいぶ落ち着いてきたので、結局そのままになってしまいました。

課題は、ジジの問題に合わせて、家庭環境や家族の様子も考慮して、うちに合ったプログラムや提案をしていただき、それを守るというものでした。

初日から、辛い時間が始まり、泣きそうになる日が続きましたよ。
吠えまくるジジを完全無視することから始まり、段階的に、それまで考えもしなかった、想像もできなかった接し方や散歩の仕方をこなさなければならず、正直、とても大変な毎日でした…。

この頃キララままさんとメールのやり取りをしていて、どれだけ、励ましていただいたか…。

ジジがいい子になるように、家族で幸せに暮らせるようにと、それだけを考えて、頑張りました。

今でも、まだアルファは完全には直っていませんが、飼い主としてどう行動すべきかを学べたので、よかったです。

ワンを育て、一緒に暮らすのは、本当に責任のいることですが、この可愛さには替えられませんよね♪
これからも、しっかりした飼い主になれるように努力したいとは思っているのですが…。

あ、次女の怪我は、本人が、その場でしっかりとくっ付けて押さえて病院に行ったので、着いた頃には、キズがくっ付いていました(笑)
お医者さんに『なんだ、たいしたことないじゃない』と笑われた程でした。前日、鼻と頬のあたりを愛犬にベロリとはがされた人が来たそうです!噛まれたまま、焦って引き離そうとしたため、はがれてしまったとか…!処置がとても大変だったそうです。

次女のキズは1センチほどで、今はほとんど目立ちませんが、私はショックでした…。優しく頬擦りしたら、ガブッとやられてしまったのですから…。もっとも、ジジは大好きな氷をガジガジ噛んでいたので、取られると思い、威嚇したのですが…。

次女のお友達に、やはり愛犬に噛まれたキズが同じような場所にある女の子がいるんです。彼女は、いつも帰ると噛まれるんだそうです!完全に下に見られてると嘆いているそうです。キズも、次女に比べるとはるかに大きいそうです。

いやはや、ワンちゃんって、なかなか大変ですね…。
Posted by ジジママ at 2006年07月30日 16:05
すごーい!!
サルサちゃんもルンバちゃんも幸せ〜
楽しそうなアルバムで、見てみたいわ〜
わたしはただ、ポケットアルバムに入れているだけですよ。それも一部だけ。
今年、パソコンが突然壊れたときは、もう真っ青!!でした。結局は、パソコン本体からデータを取り出して助かりましたが。
さるんばママさんを見習わなくては。

お手入れステーション、さすが!!
これも、真似させていただきます。
わたしも、いいピンブラシを買おうと思っていました。獣毛ブラシもいるかしら?
Posted by MIYU&NICOママ at 2006年07月30日 16:14
<<<<< ジジママ様 >>>>>


ジジちゃんの先生には2週間に1回来ていただいて、後は家庭で課題をこなされていたんですね。

「2週間で課題をこなす」というやり方、とってもいいと思います。

家庭で課題をこなす方が訓練所で躾てもらうより大変ですよね。最初はやはり「無視」から始まりますよね。

今のサルサは少しアルファ気味です。イタズラしているものを取り上げようとすると唸ることがあるんです。散歩も訓練用のリードをつけると「訓練だ」と分かるのですが、普通のリードで散歩させるとクンクンあっちっこっちを臭ったり好き勝手な方向に行こうとすることもあります。追加訓練が必要なのかもしれません。

「段階的に、それまで考えもしなかった、想像もできなかった接し方や散歩の仕方をこなさなければならず」

ジジママ様が実践された訓練方法は今のうちの問題とつながるところがあるので、もしよろしければどのように対処されたか教えていただけませんでしょうか。

そんな辛い期間にキララまま様のメールで励まされたんですね。胴胎犬の兄弟ですものね。とても心強かったと思います。

うちのルンバは先住犬がいたのでアルファにはならなかったのですが、状況によってはなっていたかもしれません。うちのお姉ちゃんは中世のイギリスのビクトリア女王のように「絶対君主制」で妹の上に君臨しておりますので、こんな怖いお姉ちゃんがいては「自分が一番偉い」とは思うのは不可能だからです。

ジジママ様もご家族の皆様もジジちゃんのために本当に頑張られましたね。安易に飼って都合が悪くなると捨てたり保健所で殺したりする飼い主が毎年何十万人もいる中、ジジちゃんの幸せを考えて責任を持って辛い訓練をやりぬいたジジママ様ご一家の皆様の姿はすごいと思いました。

「手のかかる子ほどかわいい」といいます。その経験を通り抜けたからこそ今があるわけで、尚更ジジちゃんがかわいくてかわいくてしょうがないんじゃないですか?

お嬢様の傷も目立たなくなったいうことでよかったですね。女の子だし、顔の傷ということでジジママ様もどんなに心を痛められたことか。

しかし、その頬をはがされた飼い主さん、すごい大変なことでしたね。無理に剥がそうとすると犬って尚更食いつきますよね。声を上げたり抵抗すると尚更興奮してもっと噛みますよね。

犬を飼うのは大変なこともありますが、何ものにも代え難いものをたくさんくれますね。私は二人の娘に出会うまで、自分の両親も含めてこんなに誰かに愛されたことも、愛したこともなかったことを実感しています。

あ、ルンバの「威嚇シリーズ」なんですが、新しいのが出ました!最近圧力鍋を買ったのですが、圧力鍋に圧力がかかるときの音「ヒューヒュー」に威嚇しました。ですがすぐに「圧力鍋」=「おいしいものが出てくるところ♪」とインプットされたため、圧力鍋への威嚇は最初の一度だけでした。

こんな都合のいい「警備」で大丈夫なんでしょうか??!!

ジジちゃんのおもしろい威嚇、また新しいのが出ましたら教えてくださいね!
Posted by さるんばママ at 2006年07月31日 22:40
<<<<< MIYU&NICOママ様 >>>>>

MIYU&NICOママ様もプリントアウトしたアルバムをお持ちなんですね!

パソコンが突然壊れてしまったことがあったとのこと。それは焦りまくりですよね!

パソコンが壊れたときに最初に「うわぁ〜〜!」と思ったものは何でしたか?私だったらまず「写真がぁ!!!」と思うと思います。

うちのパソコン、すごく古くていつ壊れてもおかしくない状態です。中から「ギーギー」って音がするんですよ。

ピンブラシ、便利ですよ。うちの犬たちはコームやスリッカーより好きみたいです。

獣毛ブラシもあったほうがいいのでしょうか。私が調べた限り1万円近くするみたいなんですよ。ヒエー。

獣毛ブラシはキララまま様がお持ちということなので、近いうちに使い勝手のほどをお聞きしてみたいと思います。

ヒアレイン4か月分ももらえてよかったですね!NICOちゃんのお目目がこれからも健やかでありますように!と祈っていますよ。
Posted by さるんばママ at 2006年07月31日 22:42
ベスは金属のお手入れセットを嫌います、購入する前から知っていたと言うことは何かあったのでしょうが。
それで、現在は椿油を浸み込ませたツゲの櫛とブラシで手入れいています、おかげで金欠病になりかかってます。
豚毛はボロニーズの場合表面だけで、奥まではとどかないようです。

手作り食は「わんわんハイツ」のEmiさんが療養食まで詳しいです。ドッグカフェも。

お手入れは、「わんわんハイツ」にリンクしていらしゃるEllyさんがプロのトリマーさん兼プロの写真家で、経験豊かで親切に教えていただきました。それでも、未熟な私です。

お二人とも素敵な方ですし、竜ママやフィリアさんともお友達です。

素人考えですが、ルンバちゃんが来るまで凄くサルサちゃんは寂しかったのではないのでしょうか、それが、お帰りのジャンプなどに残っているのではないでしょうか?
でもいまはしきりのお姉さまになって頼もしいわ。
Posted by ベスりん at 2006年07月31日 23:41
<<<< ベスりん様 >>>>>

ベスちゃんは椿油を染みこませたツゲの櫛とブラシでお手入れされているんすね。

「ツゲの櫛」はキララまま様もお使いですね。モノを知らなくて恥ずかしいのですが、「つげの櫛」というのは、メーカーの商品名なのでしょうか。それとも木でできたこういう櫛のことを全般的に「つげの櫛」というのでしょうか。ネットで調べたのですが、なかなか「ここだ!」というのにヒットしませんでした。

これでしたら、お肌にやさしくていい感じですよね。椿油をしみこませているなんて、毛が艶やかになりますね。

EllyさんのHPを早速拝見してきました!

素適なサロンですね。こんなところでうちの二匹もトリミングしてもらいたいです。丁寧に指導してくださるなんて感激ですね。

そうそう、先週末、突然圧力鍋に圧力がかからなくなってしまったんです。最初、熱した圧力鍋から警告音がピーピー鳴り出したので掃除をしたんですが、その後ピンが全然上がらなくなって、また掃除をしたら直りました。

圧力鍋って毎回毎回カスがつまってないか、ピンを入れてから使った方がいいんでしょうかね。なんか綺麗な感じがしたらそのまま使っていたのが悪かったようです。

ベスりん様おっしゃるとおり、サルサは寂しかったのかもしれません。

ルンバが来てからとても落ち着いて、「姉貴」の威厳(?)がついて自信に溢れているような感じがします。訓練所では「2歳までは犬は落ち着きがない」と言われましたが、2歳過ぎてもいつまでも仔犬気分の姉さんです。
Posted by さるんばママ at 2006年08月01日 11:18
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/392294

この記事へのトラックバック